有料老人ホーム紹介のケアレジ 項目説明 認知症高齢者の日常生活自立度

認知症高齢者の日常生活自立度

認知症の症状ランクは、次を参考にしてください。
ランク 基準 見られる症状の例
何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している。
Ⅱa 家庭外で、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが見られても、誰かが注意していれば自立できる。
  • ・道に迷う。
  • ・買い物等でのミス。
Ⅱb 家庭内でも上記Ⅱの状態が見られる。
  • ・薬を間違える。
  • ・電話や来客の対応ができない。
Ⅲa 日中を中心として、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが時々見られ、介護を必要とする。
  • ・着替え、食事、排泄ができない。
  • ・異食や徘徊。
  • ・大声や奇声を発する。
  • ・失禁や不潔行為。
Ⅲb 夜間を中心として、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが時々見られ、介護を必要とする。
日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする。
著しい精神症状や問題行動或いは重篤な身体疾患(意思疎通が全くできない寝たきり状態)が見られ、専門医療を必要とする。
  • ・せん妄、妄想。
  • ・自傷や暴力行為。
※意思疎通が困難なため認知症の判断がつかない、あるいは全くの寝たきり状態(経管管栄養だとか喀痰吸引が必要な方など)の場合はMランクとします。
戻る
ケアレジ電話受付

メール有料老人ホームに関するメールでのお問い合わせはこちら

初めての方へ
QUOカード謹呈キャンペーン
評価レポート
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

医療体制が充実した有料老人ホームの中でも、特にALSやIVHなど困難ケースの方でも相談可能な有料老人ホームを紹介。

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。