有料老人ホーム紹介のケアレジ alt 知る alt 有料老人ホーム入居のタイミング

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識
~有料老人ホームとは~

有料老人ホーム入居のタイミング

有料老人ホームはいつ入居するのが良いか?

有料老人ホームにいつ入居するのが良いかということは一概にはいえませんが、大まかに次の3つのパターンに分けることができると思われます。

1.病院や老健等から退院する時

病気やケガで入院し、いよいよ退院となった時に介護が必要になってしまうケースがあります。

有料老人ホーム入居のタイミング

しばらく社会復帰のためのリハビリが必要と判断されると老健に転院し、医療的処置をおこないながらしばらく療養する場合は療養病床に転院するという場合もあります。

しかしながら、老健は3~6ヶ月程度しか入所できないのが原則ですし、療養病床も長期化すると病院の報酬単価が下がるので、一定期間(数ヶ月)が過ぎると退所を促されることが多いのが現状です。

さらに、介護保険対象の療養病床は廃止される方向にあり、今後は退所を促される動きが加速することも考えられます。自宅で介護が難しいケースでは、医療機関や老健から直接有料老人ホームに入居する方も多いようです。

2.在宅介護が限界にきた時

在宅介護をするご家族の負担は非常に大きいものです。訪問介護サービス等を活用しても、在宅介護が限界になってしまうこともあります。

最近では、高齢者が高齢者を介護する老々介護や、介護負担による介護家族のうつ病等が社会問題化してきています。

限界まで頑張って、どうにもならなくなってから施設探しを始めると、体力的にも精神的にも余裕がない状態で検討しなければならなくなります。そのため、できるだけ早い時期に有料老人ホームへの入居を選択肢の一つとして、余裕を持って情報収集を始めることをお勧めします。

3.元気なうち

まだまだ一人暮らしを続けられる、又はご家族が余裕を持って在宅介護できているという状態であっても、有料老人ホームに入居するという方も少なくありません。

有料老人ホームはいつ入居するのが良いか?

最近は、ご家族ではなく入居する高齢者自身が、ご自分のライフスタイルに合った施設を選ぶというケースも増えています。

このような動きはこれからも増えると思われ、お元気で余裕のある段階で有料老人ホームに入居するという傾向は、これからますます加速すると思われます。

図:有料老人ホーム入居のタイミング

図解:有料老人ホーム入居のタイミング
有料老人ホームの相談

メール メールでのお問い合わせはコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。