有料老人ホーム紹介のケアレジ 知る 介護保険サービスを利用するには

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識

介護保険サービスを利用するには

介護保険の加入者は40歳以上の人

介護保険に加入するのは、40歳以上の人です。

このうち、65歳以上の人を『第一号被保険者』といい、40歳から64歳までの人を『第二号被保険者』といいます。

介護保険サービスを受けるには、要介護認定が必要

介護保険サービスが受けられるのは、要介護認定を受け、その結果が『要支援』又は『要介護』と判定された人です。

第一号被保険者は、原因が何かに関わらず、要支援又は要介護と認定されれば、介護保険サービスを利用するには介護保険サービスを受けることができますが、第二号被保険者の場合は、特定の病気が原因で要介護(要支援)になった人だけがサービスを利用することができます(それ以外の人は『障害者自立支援法』のサービスを利用できる場合があります)。

要介護認定の申請は市区町村で

本人又はご家族が、直接市区町村等の窓口で、『要介護認定の申請』をします。

申請すると、訪問調査員が家庭訪問して、本人の心身の状況や日常生活の状況等に関する聞き取り調査をおこないます。

この訪問調査の結果や、主治医の意見書を元にして、一次判定、二次判定がおこなわれ、市区町村が認定区分(要支援又は要介護)等を決定し、その結果が通知されます。

要介護認定の結果は3種類

認定される結果には次の3種類があります。

結果
状態
非該当
自立していて介護の必要がない
要支援1・2
常時の介護までは必要ないが、身支度など、日常生活に支援が必要
要介護1~5
寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする

要支援1・2や要介護1~5の数字は、数字が大きいほどより多くの支援や介護が必要ということを意味します。そのため、要介護5は、最も多くの介護を必要とする状態と認定されたことになります。

非該当と認定された場合は、介護保険のサービスを利用することはできませんが、『地域支援事業』による介護予防等のサービスを受けることができます。

サービス利用にはケアプランが必要

介護保険のサービスを利用するためには、ケアプラン(介護計画書)が必要です。

ケアプランは、要支援の場合は『地域包括支援センター』に、要介護の場合は『居宅介護支援事業所』の『ケアマネジャー』に作成を依頼することができます。

尚、ケアプランは要支援、要介護に関わらず、自分で作ることもできます。

有料老人ホームの相談

メールメールでのお問い合わせはコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。