有料老人ホーム紹介のケアレジ 知る 要支援・要介護共通のサービス

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識
~介護保険制度の基礎知識~

要支援・要介護共通のサービス

介護保険のサービスは、要支援でも要介護でも共通して受けることができるサービスがあります。

要支援の人が受けられるサービスを『予防給付』、要介護の人が受けられるサービスを要支援・要介護共通のサービス『介護給付』といいます。

共通で受けられるサービスには、次のようなものがあります。

要支援・要介護共通のサービス

① 自宅で利用するサービス

サービスの種類
内容
ケアプランの作成
地域包括支援センター(要支援の場合)や居宅介護支援事業所のケアマネジャー(要介護の場合)がケアプランを作成する。
訪問介護
ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事や排泄等の介護や、調理や洗濯などの生活援助をおこなう。
訪問入浴介護
家庭の浴室での入浴が困難な場合に、特殊な浴槽を家庭に持ち込んで入浴を介助する。
訪問看護
看護師などが家庭を訪問し、主治医の指示に従って、療養上の世話や、診療の補助などをおこなう。
訪問リハビリ
テーション
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が家庭を訪問し、心身機能の維持回復と日常生活の自立に向けた訓練をおこなう。
居宅療養
管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士などが、指導や助言をおこなう。

② 通い(日帰り)で利用するサービス

サービスの種類
内容
通所介護
(デイサービス)
(デイケア)
施設に通い、食事、入浴などの日常生活上の支援や、機能回復のための訓練・レクリエーションなどをおこなう。※地域密着型の認知症対応型通所介護(デイサービス)もある。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
特別養護老人ホーム老人保健施設などに短期間入所し、入浴・食事などの日常生活上の介護や機能訓練をおこなう。

③ 複合的なサービス

サービスの種類
内容
小規模多機能型
居宅介護
【地域密着型】
食事や入浴、機能訓練などをおこなう。また、利用者の状態や希望に応じて、同じ事業所が宿泊や随時の訪問サービスを提供することで、要介護度が重くなっても在宅での生活が継続できるように支援する。

④ 入所して利用するサービス

サービスの種類
内容
特定施設入居者
生活介護
介護保険の事業者指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホームなどで、入所者に対する介護等をおこなう。※地域密着型の小規模施設もある。

⑤ 福祉用具住宅改修等の補助

サービスの種類
内容
福祉用具貸与
介護用ベッド、車椅子、床ずれ防止用具、手すりやスロープ、歩行器、歩行補助杖等を貸し出す。
福祉用具購入費
支給
腰掛け便座や特殊尿器、入浴用椅子など、貸与になじまない福祉用具を、指定を受けた事業者から購入した場合に、その費用の9割が介護保険から払い戻される(但し、上限金額あり)。
住宅改修費の支給
手すりの取付けや段差の解消など、小規模な住宅改修に要する費用の9割が介護保険から払い戻される(但し、上限金額あり)。
有料老人ホームの相談

メールメールでのお問い合わせはコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。