有料老人ホーム紹介のケアレジ alt 知る alt 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識
~介護施設の種類~

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設は、介護保険制度前は特別養護老人ホームといわれていた施設で、今でも略して『特養』と言われることが多いようです(当サイトでも略して『特養』と表記しています)。

身体上または精神上著しい障害があって、常時介護が必要な高齢者のための施設です。

入居できる人
  • 要介護3・4・5に認定された人。
入居できる期間
  • 原則的に終身。
  • 但し、入居後に一定期間入院等で施設を離れた場合、退去しなければならない場合があります。
入居時の費用
  • なし。
月額費用
  • 平均7~8万円。
  • 但し、入居する人の要介護度と、入居者の世帯収入によって異なります。
月額費用の内訳
  • 介護サービス費(介護保険費用の1割負担分)
  • ~入居者の要介護度に応じて異なります。
  • 居住費(家賃、食費、オムツ代等の雑費)
  • ~入居者の世帯収入によって異なります。
サービス内容
  • 『施設介護サービス計画』に基づき以下のサービスが提供されます。入浴、排泄、食事等の介護、日常生活上の世話機能訓練、健康管理及び療養上の世話。
特記事項
  • 部屋は共同室(2~4人部屋)が原則。
  • 原則的に医療処置はできません。
  • 全国で約6,200ヶ所の施設がありますが、入所希望者が多く平成21年12月の集計では、全国で約42万1千人の特養待機者がいるといわれています。そのため、特に都市部では入所申し込みをしても、実際に入所できるのは数年後といった事態も起きています。
備考
  • 近年、『新型特養』といわれる施設も増えています。新型特養は、共同室ではなく個室が原則で、10室単位で共有の台所や食堂、居間を設けるユニットケアといわれる介護をおこないます。新型は従来型と比べると居住費が数万円高くなるのがふつうです。
  • 2006年に新設された定員29人以下の『地域密着型介護老人福祉施設』もありますが、まだ数が少ないのが現状です(2010年7月時点の登録数は全国で366ヶ所)。地域密着型は、施設がある市町村の人しか入所できません。
有料老人ホームの相談

メール メールでのお問い合わせはコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。