有料老人ホーム紹介のケアレジ 知る 介護老人保健施設(老人保健施設)

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識
~介護施設の種類~

介護老人保健施設(老人保健施設)

介護老人保健施設は、病院と自宅の中間的な性格を持つ施設です。

例えば、入院している高齢者が退院できる状態になっても、すぐに自宅に戻るのは不安というような場合に、自宅に戻るためにリハビリ等の準備をするための施設です。

介護保険前は老人保健施設という名称で、今でも略して『老健』と呼ばれることがあります老人保健施設(当サイトでも略して『老健』と表記しています)。

特養と比べると、医師や看護師、リハビリスタッフ等が特養より多めに配置されています。そのため、特養と比べると料金は多少高くなります。

入居できる人
  • 要介護1~5に認定された人。
入居できる期間
  • 原則的に3~6ヶ月。
  • 終身制ではなく、通常3~6ヶ月間で退所しなければなりません。
入居時の費用
  • なし。
月額費用
  • 平均7~10万円
月額費用の内訳
  • 介護サービス費(介護保険費用の1割負担分)
  •  ~入居者の要介護度に応じて異なります。
  • 居住費(家賃、食費、オムツ代等の雑費)
サービス内容
  • 『施設サービス計画』に基づき、在宅生活に復帰することを念頭に以下のサービスが提供されます。入浴、排泄、食事等の介護、相談及び援助、多少のリハビリや医療等を通して機能訓練、健康管理等。
特記事項
  • 部屋は共同室(2~4人部屋)が多い。
  • 医療処置が必要な場合も入所することができます。
  • 全国で約3,700ヶ所の施設がありますが、入所は退院直後等で医療的な処置が必要な人など緊急性が高い人が優先されます。
備考
  • 従来の老健よりも医療機能を強化し、廃止・削減される療養病床の転換先として、共同室ではなく個室を備えた『新型老健』も作られ始めています。
有料老人ホームの相談

メール メールでのお問い合わせはコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。