有料老人ホーム紹介のケアレジ alt 知る alt 有料老人ホームと食事療法

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識

有料老人ホームと食事療法

有料老人ホームにおける食事療法

糖尿病や高血圧などで食事の制限が必要な方は、食事療法にどの程度対応してくれるかも重要な要素になってきます。栄養士が常駐しており、入居者の方の状況に合わせた食事を提供する有料老人ホームが理想的です。

有料老人ホームの厨房業務は、専門の給食業者に外注しているケースが非常に多いです。給食業者によって、食事療法のレベルや治療食の味付けはかなり違ってきます。グループ内に外食店を持っている会社などは、こだわりのある食事を提供するために全て自社で行っていることもあります。こうした施設の食事は個別の摂取量制限や嗜好に合わせてくれることが多いです。

食事療法が必要になる疾病

高血圧

高血圧は動脈硬化を招き、さらには狭心症、心筋梗塞、腎臓病、脳血管疾患を引き起こす原因の一つとなります。高血圧の食事療法の基本は、「減塩」です。特に、「食塩感受性」の方は食塩の摂取量で大きく血圧が変動しますので、減塩が重要です。1日の塩分摂取量を2g程度に抑え、発汗が多い時でも7g以下に抑える必要があります。

人工透析が必要な方でも入居できる有料老人ホームはあります。但し、施設ごとに、個別に問い合わせる必要があります。

高脂血症

高脂血症は動脈硬化を引き起こす大きな要因の一つです。それ自体、自覚症状があるわけではありませんが、生活習慣によっては、高血圧、動脈硬化、糖尿病などを引き起こすことにつながり、さらには、脳血管障害や心筋梗塞を起こす可能性も高まってしまいます。

血液中の脂肪で特に問題になるのはコレステロールと中性脂肪です。高脂血症の方は、両方の数値が高いことが多いです。食事療法とともに、カロリーを消費させる運動療法も必要になる方もいらっしゃいます。

高脂血症の方の食事療法のポイントは、カロリーコントロール(低脂肪食や甘いもの、アルコールを控える等)、食物繊維をとる、1日3食きちんと食べることです。

虚血性心疾患

動脈硬化が原因で心臓に必要な血液が供給されないために起こる狭心症、心筋梗塞を虚血性心疾患といいます。食事面では、動脈硬化を進行させないことが重要なポイントとなります。また、喫煙は動脈硬化を促進しますので、食事療法に加えて煙草のコントロールも大事になります。医師や栄養士の指導のもと、適切な食事療法を行えることが必要になります。

食事療法のポイントは、減塩(多くても1日7g以下が目安)、低脂肪・低コレステロールで適切なエネルギー量をとること、コレステロールの吸収を抑える食物繊維やビタミン、ミネラルを取ること、アルコールは控えるが基本です。

糖尿病

糖尿病は、治療しないまま放置すると悪化し、網膜症、神経障害、腎症などの合併症も引き起こします。合併症の発症を予防し、日常生活を健康に送るために、食事療法は必須となります。

糖尿病の食事療法では、血糖のコントロールが基本になります。必要なエネルギー量と栄養素を過不足なくとり、過剰な摂取をさける必要があります。糖尿病の方は、医師から指示された1日のエネルギー量を厳密に守る必要がありますので、管理栄養士等が個別に摂取カロリーを把握できる体制が有料老人ホーム内に必要になります。

腎臓病

腎臓の機能が低下すると、身体に不要なものを排泄できなくなったり、逆に必要なものまで排泄してしまうなどの症状があらわれ、体液の状態を正常に保てなくなります。

腎臓病の食事療法は、腎臓の負担を減らし、腎臓病の進行を抑制することを目的としており、個々の症状によって処方箋が異なります。また腹膜透析(CAPD)を行う方や血液透析(HD)を行う方の場合、治療効果を妨げないよう、医師、管理栄養士の指導のもと、症状に応じた正しい食事療法を行う必要があります。

食事療法の基本は、「たんぱく質の制限」です。腎臓病の食事療法では、たんぱく質を含む食品と、たんぱく質を含まずにエネルギー源となる食品に大きく分け、それぞれの栄養素を適正量摂取できるようにメニューを考えます。

味付けも大事な要素

食事は高齢者にとって最大の楽しみと言っても過言ではありませんので、各栄養素の摂取量を厳密にコントロールしながらも、美味しい味付けができることが同様に重要です。食事療法が必要な方は、できれば、塩分や脂肪分等ご自身に必要な栄養素がコントロールされた食事を試食として頼んでみて下さい。食事の嗜好は食事療法の継続のためには大事な要素です。

ケアレジ相談センターのご案内

ケアレジ相談センターでは、専門の相談員が食事療法が必要な方の有料老人ホームや高齢者住宅探しのお手伝いをしております。有料老人ホーム等からの紹介手数料で運営しているため、入居希望者様のご相談やご紹介は一切無料です。

特定の有料老人ホームに属さない中立的な立場で、公平な情報をご提供いたします。食事療法が必要な方は是非お気軽にご連絡ください。

ケアレジ相談センターの仕組み

関連ページ

初めての方へ
QUOカード謹呈キャンペーン
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

医療体制が充実した有料老人ホームの中でも、特にALSやIVHなど困難ケースの方でも相談可能な有料老人ホームを紹介。

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。