TOP alt 有料老人ホーム見学レポート alt グリーンライフ蕨の見学レポート

グリーンライフ蕨の見学レポート

埼玉県蕨市

グリーンライフ蕨

介護付有料老人ホーム

平成25年5月にグリーンライフ株式会社のグループ会社5社(株式会社メディスコーポレーション、株式会社ケア・リンク、株式会社ケアフレンド、シーズライフケア株式会社、グリーンライフ株式会社)を再統合し、東日本エリアを統括するグリーンライフ東日本株式会社となりました。蕨市内で親しまれた「はぴね蕨」が新築移転し、京浜東北線蕨駅から徒歩5分という利便性の高い場所にて「グリーンライフ蕨」としてオープンしたので、ハード面は新築で、ピカピカの設備をご利用いただけて、ソフト面でも経験豊富なスタッフが対応をしているためご安心いただけると思います。

施設詳細をみる
グリーンライフ蕨
メール相談

共用空間

館内へ入ると、ゆったりとしたリビングダイニングルームがあり、その奥に厨房があります。入口には、全熱交換器(温度、湿度を合わせた空気中のエネルギーを逃がさず、室内の空気を入れ替える設備です。)が設置されています。フロアの中心エリアには、スタッフステーションがあり、入居者様を見守りやすい配置になっています。

リビングダイニング
リビングダイニング
スタッフステーション
スタッフステーション

浴室は、個浴と機械浴がありました。脱衣所、浴室ともに、床暖房やエアカーテンが設置されており、温度差が生じないような工夫がされています。

個浴
個浴
機械浴
機械浴

周囲に高い建物が無いため、天気が良い日には、屋上からの眺めもお楽しみいただけます。

屋上からの眺め
屋上からの眺め

1階共用部のトイレには、前倒れ防止用の手すりも設置してあります。

1階共用トイレ
1階共用トイレ

4階には、機能訓練マシーンが4台あり、お身体の状態に合わせてご利用いただくことができます。2014年5月から理学療法士が常勤となりますので、個別・集団リハビリの実施も予定しているそうです。

機能訓練マシーン
機能訓練マシーン
メール相談

居室

居室は18㎡の広さでゆったりとしています。京浜東北線の線路が近くにあるのですが、ペアガラスを採用していますので、騒音はほとんど気になりません。居室内の水道は、給湯システムが循環式になっているため、蛇口から出る水を飲むことができます。また、比較的早くお湯が出ることと、湯切れが無いという点でも優れています。介護ベッド、チェスト、収納、コールボタン、洗面台、トイレが標準的な設備です。トイレや洗面台の間仕切りは引き戸になっています。なお、月額費用のほか、居室電気代が別途かかります。

居室イメージ
居室
居室内の洗面台とトイレ
居室内の洗面台とトイレ

スタッフの対応

対応していただいたのは、施設長、入居相談担当の方でした。施設長は、いままでに「メディス足立」「メディス川越」の施設長を務めてきた経験豊富な方です。相談員の方も質問に対して、とてもわかりやすくご説明いただけました。

特筆すべき点

手厚い介護・医療体制

入居者3名に対して、直接処遇職員1名という割合で法定基準をしっかり守っています。看護師は日中に常駐しています。施設長は看護師ということもあり、日中の医療対応についても、入居相談可能ということでした。

リハビリに力を入れている

理学療法士がお一人おひとりに合ったリハビリメニューを作成し、個別・集団リハビリを実施する予定です。(2014年5月より)その他にも、スタッフによる生活リハビリもおこなっています。

同法人が運営するホームへの住み替え

万が一、看護師による医療処置が24時間必要になった場合でも、同法人が運営するホーム(例えば、メディス武蔵浦和など)へ住み替えの相談ができます。費用面で差額の支払いは必要となりますが、いままでの介護情報を共有しながらスムーズに住み替えていただける点は大変良いと感じました。

懸念される点

看護師が日中のみ常駐ということなので、夜間に痰の吸引などの医療処置が必要な場合には、ご入居いただけないこともあります。

このホームに向いている方

新築物件でスタッフ間の連携もできているホームをお探しの方

以前「はぴね蕨」に勤務していたスタッフが、「グリーンライフ蕨」のスタッフとして、サービスの提供をしているため、スタッフ間の連携がしっかりできているため、入居者様は安心してお過ごしいただけると思います。

グリーンライフ蕨の概要

 類 型 介護付有料老人ホーム
 住 所 埼玉県蕨市塚越一丁目11番4号
入居一時金 0円
月額利用料239,607円
見 学 日 2014.02.21
施設詳細をみる
ご相談ご紹介無料です
施設見学はこちら
資料請求はこちら
メール相談